定期死亡保険の選択



保険の選択 HOME > 定期死亡保険の選択

■ 定期死亡保険の選択比較 − 保険の選択サイト − ■

スポンサードリンク

生命保険は、保障期間で「終身型」と「定期型」の2つに分類できますが、

この、「定期型」と「終身型」のチガイは、


・保障期間が一定の期間だけか
・保証期間が一生か

どうかによる違いですので、
保険料が大きく変わってくるのは当然です。


この2つの違いは、


種別
終身型
 保険料  : 高い
 保証期間 : 一生
 特徴   : 加入時の保険料が一生同じ。

定期型
 保険料  : 安い
 保証期間 : 一定期間だけで更新もOK!
 特徴   : 更新するたびに更新時の年齢で保険料が再計算されるから、
        (一般的に)年をとるほどに保険料がUPする。



生命保険文化センターの調べでは、
毎月の支払い額が同じ1万円として


終身保険と定期保険を比べると、
定期保険の方が約7倍も保障をもらえることが分かっています。


(※ 40歳男性が20年間払い込む場合。)


このチガイはなぜか?
終身型の死亡保障は必ず受け取ることが前提なので、
保険会社からしたら、必ず払わないといけないので


支払額も少ないし、定期型に比べて保険料も高いわけで、
だから、大きな死亡保障を用意するのには向いていないんですね。


逆に、定期型の死亡保障は、保険会社からしたら、
必ず払わないといけないわけではないので、


定期が終わったら、全て利益になります。
だから、数千万円など大きな保障を少ない保険料で用意できる
「保障機能」をグンとUPさせることができるんですね。


保険期間が10年と一生では保険料が違いますし、
保険金額が1,000万円と8,000万円でも保険料は違います。


保険にはさまざまな条件がありますが、定期死亡保険の場合は
「保険金額と保険期間が同じ」条件で比較してみるとわかりやすいですね。

(※ 例:保険金額1,000万円、保険期間10年)

定期死亡保険の選択 ● 関連コーナー ●

PageTop



HOME - 保険とは - 保険の種類 - 運営者情報 - サイトマップ